アイスクリームならカップ

僕らが太って仕舞う原因はいたって単純なものです。支出カロリーって補填カロリーを比較したときに、摂取したもののほうが多ければ、上述は体内に蓄積されて脂肪となるのです。

ですので私の場合は普段から、こういう「カロリー」を意識した生活を送っていらっしゃる。具体的には、どれくらいのものが100キロカロリーであるのかを敢然と頭に入れて、過剰なカロリー補填を防いでいるのです。

補填カロリーとなる料理において言えば、白米だと小さめの茶碗に甘く1食膳で約100キロカロリーだ。卵なら1個。バストならコップに1杯。油なら大さじ1前後。アイスクリームならカップなかば。これらはそれぞれが約100キロカロリーだ。

支出カロリーだと、散策なら概して30パイで約100キロカロリー。入浴なら40パイ。内勤なら80パイ。階段を上がるのなら15パイ。これらを行えば、100キロカロリーを消費することができます。

このようなことを頭に入れておくと、「今日は食後にアイスクリームをカップなかば食べたから、100キロカロリー余計に摂取しちゃったな。

それでも散策を30パイすれば廃止にもらえる!」などと考えながら生活することができるのです。だんだんと慣れてきたので、今では一年中程度200キロカロリーを燃やすことを目標にしていらっしゃる。

補填カロリーを燃やすのと支出カロリーを繰り返すのと、お互いを結び付けながら合計で200キロカロリーになるように心掛けていらっしゃる。因みに前日は、散策を30パイして、夕飯ときの白米をナシにしました。

散策30パイで100キロカロリーの支出。白米をナシとして補填カロリーを100キロカロリー切り詰めました。これで200キロカロリー減らしたことになります。「継承は力なり」といいますから、これからも続けていきたいだ。女性ホルモンサプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です