これですでに迷わない!有り難いの違いがぐっすり頷ける図解????

 やり方乗りの文鳥をつがいで飼って年間。スポイトから育てた子供たちもスッカリ大人になり、時々紛争もしますが友人のアベックになりました。
 文鳥は秋から5月収にわたってが増大期だ。世帯が住居における間は離し飼いを通じてますが、今季に入ってから、頻繁に座敷野中を飛び交い、巣を生み出す件がありました。結果いつもの鳥カゴの中の巣がすばらしいについてになり、前もって5個、卵を産みました。デイリーひとつずつ産みますがその時には雄がカゴの前にのぼり、てんで立会い分娩のように産卵を見守っていたのが印象的でした。
 その5個は有精卵もありましたが、孵化しなかったので、それがわかるとすぐに6個の卵を産み、今度は3羽孵りました。16日間始終代謝で卵を温めていたので、一体全体孵ってよかったです。
 雛もやり方乗りにしたかったので、途中から巣から吐出し、人物がごはんを見せるようにしましたが、おとうさんはどんどん雛のことを見守ってある。
 今は、雛も羽が生えそろい、あたいたちでごはんも食べれるようになりましたが、カゴから外へ生じるときは常に距離をおいておとうさんが見守ってある。3羽がはぐれた時はな鳴いて呼び寄せ、水浴びをした後はドライヤーで迎えに行かなくても乾かしてもらうために、飼主の元へしまう。夜は8時間9らなるとおとうさんにおいて飛びカゴに入って寝ます。
 今まで鳥を養うはやり方乗りであったもカゴの中央、という模様だったので、ついに離し飼いを通じて、自然に間近い鳥の育雛をみれて全く貴重な実績ができました。オススメ葉酸サプリ